精力剤、海外製品(特に中国製)の安全性について

精力剤を飲もうとしている方の中には、海外の精力剤を購入しようとしている方もいます。
国産の精力剤であれば、安心して購入することができる反面、海外の精力剤となると心配な方も多いのではないでしょうか。

実際に、海外の精力剤にはリスクがあります。そのなかでも特に危険だと言われているものとして、中国の精力剤があります。

今回は、中国の精力剤が危険だといわれる理由について解説していきたいと思います。

海外の精力剤にはリスクがあるといえる理由

海外の精力剤にはリスクがあるといえる理由については、主に以下の3点になります。

医薬品に配合されるような成分が混入していることがある

中国製の精力剤は、効果が高いといわれることが多いですが、その理由としては医薬品の成分を配合していることが挙げられます。

その方が普通の成分を配合するよりも効果が高いため、売れやすいと考えたのではないでしょうか。

厚生労働省が調査したところ、強壮効果を目的としているような商品から、医薬品成分が検出されたということがありました。

具体的にシルデナフィルなどの医薬品成分が混入していたとのことです。

シルデナフィルとは、バイアグラにも配合されている医薬品成分です。勃起薬に配合されている成分が含まれているため、高い効果が出るのは当たり前のことです。

しかし、商品を販売する際には、成分や副作用についての注意が行われることはありません。

副作用のリスクがあるにも関わらず、購入しようとしている人には知らされることがないのです。

このようなことから、厚生労働省自体も個人で輸入して手に入れることができるような商品はリスクがあるため、使用しないように指摘されています。

精力剤ではない、偽物の成分が混ざっていることがある

海外の精力剤がおすすめできない理由として、偽物が混ざっていることも挙げられます。
特に中国には、そのようなイメージを抱いてしまう人も多いかもしれません。

レプリカのようなコピーしている精力剤商品であるならまだしも、完全に偽物で、まったく成分が入ってないものも多いのです。

現地の言葉で理解できない

海外製の精力剤は、もちろん、現地の言葉で説明が書かれています。

そのため、購入したとしても注意書きなどが理解できないことが多いのです。
したがって、正しく使用する方法を理解しないまま使ってしまう危険性があります。その結果、思うような効果を得られない可能性もあるのです。

まとめ

ここまで海外の精力剤について解説してきました。

海外製の精力剤には危険があります。国産の方が安心して飲むことができます。

タイトルとURLをコピーしました